CAPD 血液 透析・浄化 医療用機器 販売
top_logo.png

CAOD_TOP_banner.png

HOME > 製品関連情報 > 腹膜透析システム > 腹膜透析システム

イージーケア

イージーケア

EC2.png
  ポータブル型自動腹膜灌流装置

  • 自然落差式で操作が安全、安心、簡単。
  • セットアップの基本操作は画面で確認できます。
  • 処方設定、変更も簡単にできます。
  • ヒーター部の保温機能により透析液を適温で注液します。
  • 従来のAPDサイクラーより小型・軽量で持ち運びが可能。(*当社比)
  • 専用回路はワンタッチのカセット式でセットアップできます。
  • QCキャップで安全な一時離脱が可能。

マイシステム

マイシステム

MySet.pngマイシステムは腹膜透析療法のために開発されたCAPDシステムです。

CAPD(Continuous Ambulatory Peritoneal Dialysis)は、腹腔内に注液した透析液を1日4~5交換することで、連続的に透析を行うものです。体液を一定の条件に保つことで、より生体腎に 近い療法といえます。また、システムが簡便で操作も容易です。食事制限もゆるやかで、通院も月に1~2回で済むなど、社会復帰のための条件が整っています。


MY SET マイセット 

医療機器承認番号 20400BZY00128000

マイシステムはQCキャップとマイセットを使用して、CAPDバッグ交換をより安全に、簡単に、確実に行えるように開発されたCAPDシステムです。

安全性

  • Flash Drain Fill「洗浄/排液/注液」の効果により、腹膜炎発生リスクが減少します。

確実性QC1.png

  • QCキャップがディスコネクトしたQC接続チューブを無菌的に保護します。
  • QCキャップのコネクターの一部は二重構造で、内部ルアーは奥まっており、指先で触れる恐れを解消します。しかも、内部ルアーは消毒液で満たされています。
  • ディスコネクトしたQC接続チューブを無菌的状態で保護します。手頃な大きさで、違和感無く日常生活を送ることができます。

QCキャップ 医療機器承認番号 20400BZY00128000

関連動画・ダウンロード

関連資料

上記PDFをご覧いただくにはAdobe ReaderまたはAcrobat Readerが必要です。get_adobe_reader.gif

A1.pngA1.png
C1.pngC1.png
B1.pngB1.png
D1.pngD1.png